Blog

2015年4月 4日 土曜日

サロンカラーとホームカラーの違い

まず大きな違いは、ホームカラーの薬剤は、サロンカラーよりもアルカリ成分が高くなっています。
理由は基本バージン毛(パーマやカラーをしていない毛)を対象に製造している点と
カラーの知識がなくても、塗布すれば染色可能にしている為です。
つまり染まれば後は消費者の責任でという感じです。

最近ではほとんどの方がパーマやカラーをしています。
なのでダメージを受けている状態です
ホームカラーを使い続けると痛みます!常に強い薬剤を使うので仕方ありません


SERVICEでは、ダメージを抑える為に「アクアヴェールという水のトリートメントがあります
アクアヴェールはα1とα2があります
α1は、アルカリ水で毛に付着した残留物の除去、毛を事前にアルカリ性にする

α2、は酸性水でアルカリ剤の除去、キューティクルを引き締める
カラーやパーマの定着、水道水の不純物の除去、臭いや刺激の軽減

このα1、α2を使う事でダメージを最小限に抑え
毛が柔らかくなり自然なツヤを取り戻します!